島と考え、島と動く。島と人とをつなぎます。

  • 島を知る
  • 島へ行く
  • 島に住む

しまステトップページ >  島へ行く >  徳之島春の一大イベント!じゃがいも収穫作業で島人(しまっちゅ)体験!

徳之島春の一大イベント!じゃがいも収穫作業で島人(しまっちゅ)体験!

徳之島

概要

長寿子宝、闘牛、トライアスロンなどで有名な、約2万4千人が暮らす徳之島。
600mを超える山塊を中心に、周囲に広い畑が広がり、サトウキビやじゃがいもの生産が盛んに行われています。
1月下旬になると、島全体がじゃがいも掘り一色に染まり、人手不足で悲鳴をあげる農家も少なくありません。
是非、じゃがいも掘りに加勢しながら徳之島ならではの島体験プログラムを満喫してください!

徳之島は、鹿児島から飛行機で約1時間、奄美大島から飛行機で約30分に位置する、周囲約90キロの島。
沖縄からも飛行機に乗り継ぎ、沖永良部空港経由で2時間で行くことができます。
  • 画像1

  • 画像2

  • 画像3

  • 画像4

  • 画像5

1.プログラム概要

募集期間 毎年2月1日~3月31日のうちご希望の日程(2泊~)。
※ただし、滞在先のゲストハウスあむとぅが満室の場合は、お断りすることがございます。
実施場所 鹿児島徳之島
参加対象・定員 2組10名様まで
最少催行人数 1名
所要時間・泊数等 希望に応じます
料金 あむとぅ宿泊費(宿泊日数によって変動) +5,000円(保険料、懇親会1回の参加費を含)
宿泊場所 ゲストハウスあむとぅ、ゲストハウスあむとぅ2番館
食事 なし(滞在期間中に、夜の懇親会が1回ございます。)
行程表 ご希望に応じます
主催者等 NPO法人いせん1・1

2.現地の対応など

添乗員の有無 なし
集合場所 ゲストハウスあむとぅ
※鍵の受け渡しについては、NPOいせん1・1事務局よりご連絡します。
解散場所 ゲストハウスあむとぅ
送迎等の現地対応 空港もしくは港からバスもしくはレンタカーをご利用ください。
バスの場合、徳之島空港から平土野に行き、伊仙方面行に乗り換えます。(約40分)
乗車時、バスの運転手に「伊仙町のNPO法人いせん1・1の事務所前で降ります」とお伝えください。

3.申込み

申込方法 特定非営利活動法人いせん1・1
〒891-8201 鹿児島県大島郡伊仙町伊仙2593地図・交通案内

TEL:0997-86-3131(平日9時~17時)FAX:0997-86-3131担当:窪田
問い合わせ先 特定非営利活動法人いせん1・1
〒891-8201 鹿児島県大島郡伊仙町伊仙2593地図・交通案内

TEL:0997-86-3131(平日9時~17時)FAX:0997-86-3131担当:窪田

4.その他

必要な装備/持ち物 農作業ができる動きやすい服装、泥まみれになってもいい運動靴、帽子、タオル、軍手、水筒
※朝晩は冷えこむことがありますので、長そでのシャツかウィンドブレーカーをお持ちください。
島へのアクセス http://www.neriyakanaya.jp/access/toku.html
※ねりやかなやサイトへのリンク

コメントを見る・書くコメントを見る・書く

徳之島の情報○○島の情報

いいね(118件)いいね

駅員:

お気に入りお気に入り

このプログラムへ
お問い合わせ・申し込み

徳之島のその他の情報

南国の自然を生かした快適な暮らしのできる島
ゲストハウス「あむとぅ」 応援プロジェクト
空き家を改修してできたゲストハウス「あむとぅ」の利用者が増えるような工夫や活用方法、「あむとぅ」の運営改善について、集落の人との共同作業や意見交換などの交流を通して考えませんか。
(2016年は終了)日本一早い新じゃがいもを掘って、食べて、島を満喫!
徳之島は、鹿児島から飛行機で約1時間、奄美大島から飛行機で約30分に位置する、周囲約90キロの島。 約2万7千人が暮らしています。 600mを超える山塊を中心に、周囲に広い畑が広がり、サトウキビやじゃがいもの生産が盛んに行われています。 1月下旬になると、島全体がじゃがいも掘り一色に染まり、人手不足で悲鳴をあげる農家も少なくありません。 是非、じゃがいも掘りに加勢しながら徳之島ならではの島体験プログラムを満喫してください!
(満員御礼)徳之島移住体験ツアー2016春
畑のなかの一軒家に滞在して、地元の方との農作業や交流しながら、島暮らしを体験するツアーです。 じゃがいも産地徳之島でのじゃがいも収穫体験、旬の食材を使った島料理づくり体験、地元の方々とのバーベキュー、集落民による集落散策など、観光では体験できないプログラムが盛りだくさんです。 詳しくはコチラ http://lier-lab.com/go-tokunoshima/
島暮らし体験ツアー夏編~伊仙町夏祭りで青年団と屋台を出そう!~
20数年ぶりに再結成した地元青年団が、伊仙町最大の夏のイベント「ほ~らい祭り」に屋台を出店します。 青年団員になって準備や運営を手伝いながら、島の暮らしを体験してみませんか? <a href="http://www.lier-lab.com/go-tokunoshima2016/tour01/index.html">ツアーのWEBサイト</a>
ページの先頭へ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護方針
  • 運営団体