島と考え、島と動く。島と人とをつなぎます。

  • 島を知る
  • 島へ行く
  • 島に住む

しまステトップページ >  島を知る >  徳之島

深い森と広い農耕地があり、サトウキビ、マンゴー、ドラゴンフルーツなどが特産。勇壮な闘牛も有名。長寿世界一位を二人も輩出し、また、全国一出生率が高い「長寿・子宝」の島である。

徳之島 Toku-no-shima・徳之島町、天城町、伊仙町

深い森と広い農耕地があり、サトウキビ、マンゴー、ドラゴンフルーツなどが特産。勇壮な闘牛も有名。長寿世界一位を二人も輩出し、また、全国一出生率が高い「長寿・子宝」の島である。

  • 島画像

    ©ekiin

  • 島画像

    ©ekiin

  • 島画像

    ©ekiin

  • 島画像

    ©ekiin

  • 島画像

    ©ekiin

  • 島画像

    ©ekiin

  • 島画像

    ©ekiin

  • 島画像

    ©ekiin

  • 島画像

    ©ekiin

  • 島画像

概要

面積 247.76㎢
人口 25,587人
産業別人口割合 農業26%、 漁業0%
二次産業14%、 三次産業60%
※人口は平成22年国勢調査

アクセス

航路
    鹿児島~喜界~名瀬~古仁屋~平土野~知名(フェリー)、1週間に5便。
    鹿児島~名瀬~亀徳~和泊~与論~本部~那覇(フェリー)、4日に4便。
    神戸~大阪~名瀬~亀徳~和泊~与論~那覇(フェリー)、1週間に1便。
空路
    徳之島空港:
    鹿児島~徳之島(定期)、60分、1日4便。
    奄美~徳之島(定期)、25分、1日2便。
    那覇~徳之島(不定期)、70分、1日1便。

情報通信

    ・携帯電話:奄美群島は全体的に主要3社の電波は入っているが、山間部などについては電波の入らないところも多々ある。
    ・インターネット:ADSL100%,光回線は一部地域。

物産・食・文化など

特産物
    黒砂糖、パッションフルーツ、マンゴー、ドラゴンフルーツ、メロン、島ザラメ糖、黒糖豆、春ウコン、パパイヤ、タンカン、島バナナ、カムイヤキ
みやげ
郷土料理
    油そうめん、つわの佃煮、豚肉の角煮、味噌ガジャ豆、さといものあげ煮
地酒
    黒糖焼酎(奄美群島が日本に復帰するにあたり、奄美群島だけに製造が認められたお酒。黒糖と米麹が原料になっている。)
まつり/
いいつたえ
    闘牛(一年に4回、伝統行事として闘牛が行われている。)
    餅たぼれ(金見の隣「手々集落」で旧盆の十五日に行われている(現在は月遅れで行われている場合もある)。徳之島町無形文化財に指定されており、三百年前より五穀豊穣を祈願する行事として三味線・島太鼓を奏で集落の各民家の庭先で唄い踊る伝統。)
    夏目踊り(徳之島町井之川で旧盆に行われている。鹿児島県無形民俗文化財指定。島太鼓に合わせ唄を唄いながら集落の各民家を回り、夜中まで賑やかに行われる。この踊りも五穀豊穣を祈願する伝統的行事。)
    ネンケ(毎年8月、亀津地区の伝統行事。ホースやバケツなどで水を掛け合い、無病息災を願う)
    亀津ヤンキチシキパン(子弟の教育に関して生活を切り詰めてでも出費するという教育理念が現在も根づいている)
方言
    おぼらだれん(ありがとう)
動植物
    アマミノクロウサギ、トクノシマトゲネズミ、牛(闘牛)

その他

【イベント】
闘牛(正月、5月、10月の全島大会、年20回ほど開催)
豊年祭(花徳、轟木集落)
浜下り、浜踊り(亀津、尾母集落)
田植えまつり(亀津集落)
六月灯(亀津)
ちゅっきゃい節まつり(母間集落)
浜下りのあと、豊作祈願のために夜を徹して地区内を一軒ずつ踊って回る、十五夜棒踊り(下久志集落)
アキムチ(尾母集落)
むちたぼり(手々集落)
チョウダラ(花時名に伝わる正月の歌掛け芸能)

島の掲示板へ↓ コメントを見る・書く

いいね(253件) いいね

駅員:

お気に入りお気に入り

徳之島のその他の情報

南国の自然を生かした快適な暮らしのできる島
ゲストハウス「あむとぅ」 応援プロジェクト
空き家を改修してできたゲストハウス「あむとぅ」の利用者が増えるような工夫や活用方法、「あむとぅ」の運営改善について、集落の人との共同作業や意見交換などの交流を通して考えませんか。
(2016年は終了)日本一早い新じゃがいもを掘って、食べて、島を満喫!
徳之島は、鹿児島から飛行機で約1時間、奄美大島から飛行機で約30分に位置する、周囲約90キロの島。 約2万7千人が暮らしています。 600mを超える山塊を中心に、周囲に広い畑が広がり、サトウキビやじゃがいもの生産が盛んに行われています。 1月下旬になると、島全体がじゃがいも掘り一色に染まり、人手不足で悲鳴をあげる農家も少なくありません。 是非、じゃがいも掘りに加勢しながら徳之島ならではの島体験プログラムを満喫してください!
(満員御礼)徳之島移住体験ツアー2016春
畑のなかの一軒家に滞在して、地元の方との農作業や交流しながら、島暮らしを体験するツアーです。 じゃがいも産地徳之島でのじゃがいも収穫体験、旬の食材を使った島料理づくり体験、地元の方々とのバーベキュー、集落民による集落散策など、観光では体験できないプログラムが盛りだくさんです。 詳しくはコチラ http://lier-lab.com/go-tokunoshima/
島暮らし体験ツアー夏編~伊仙町夏祭りで青年団と屋台を出そう!~
20数年ぶりに再結成した地元青年団が、伊仙町最大の夏のイベント「ほ~らい祭り」に屋台を出店します。 青年団員になって準備や運営を手伝いながら、島の暮らしを体験してみませんか? <a href="http://www.lier-lab.com/go-tokunoshima2016/tour01/index.html">ツアーのWEBサイト</a>
ページの先頭へ